スポンサーサイト

Posted by 春日シキ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界で1番優しい悪魔

Posted by 春日シキ on 06.2009 腐雑記   0 comments   0 trackback

さて、昨日はルルーシュのお誕生日でしたね!

日中は友達と遊んでいたのでmixiとCureでしかお祝いできませんでしたが

昨日は1日ずっとルルーシュを想っていました。


私にとってギアスは凄く意味のある作品でして

とても考えさせられて、たくさん泣いて、勇気を貰って、現実を見せられた作品でした。


ルルーシュとスザクの守りたいものは同じだったと思うのです。


ただ、やりかた・考え方が同じすぎで正反対だったんだ、と。

背中合わせに向き合っていたのだ、と。


2人とも守りたかったものは、自分と最愛である唯一無二の友人が笑う世界。


それだけ、それだけだったんです。


私はスザクが好きなのでどうしてもスザク中心の考え方になってしまうのですが

スザクに生きる意味を与え続けたのは、ルルーシュだと思うのです


スザクはルルーシュとの思い出を守るために特派に入隊して

ルルーシュ(ゼロ)を捉えるためにまい進して

ルルーシュとの学生生活に安息と笑顔を得て

ルルーシュとの対立に絶望と涙を得て

ルルーシュの覚悟と共に自身の覚悟を決めたのだ と


ルルーシュの決意に、スザクはどう思ったのでしょうか

考えるだけで今でも病札で泣けます。。


ルルーシュはまんまとスザクを自分のものにしました

一生スザクの中から、ルルーシュが消えることはないでしょう

ずっと欲しいと思っていたスザクを、最期の最期、自分のものにすることができたのです


スザクも同じで、やっと、やっと、ルルーシュと共に、歩むことが出来るようになったのです

それは決して幸せな結末ではないのかもしれないけれど

2人が悩み、対立し、泣き、その結果だした


「2人なら、出来ないことはない」


という結論なら、それなら、2人にとっては最善で成功の結末なのかな、と思います。



あぁ、長くなってしまいました。

コードギアスは名作だと思います。

来年もまた私たちはルルーシュやスザクに会えるようなので、その日を待ちたいと思います。

今回は奇跡の誕生日にいけなかったので。。。



最後の最後に自分の写真でアレですが\(^o^)/



屋上秘密基地


Happy Birthday!!

My beloved "tender"devil.

I love.

スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://siki1031.blog137.fc2.com/tb.php/24-bb0135e7

Profile

春日シキ

Author:春日シキ
タダノ腐女子レイヤーです。

Cure
WorldCosplay
Archive
Twitter
★exia1031(アット)gmail.com

※本人以外の無断転載禁止※

(◎ω◎)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。